元MRがMR及び製薬会社の仕事の実態を経験に基づいて紹介しています。

ジェネリック

欧米諸国では、新薬の特許が切れると、その薬の半数がジェネリック医薬品の市場となる。

日本では、数年前まではジェネリック医薬品のことをゾロと呼び、あまり浸透していなかった。

しかし、昨今の医療費圧迫等による国の政策で、テレビCVなども始められ、日本でもジェネリック医薬品が浸透しつつある状態だ。

先発品とジェネリックの違いは、先発品が行った試験の大部分を省略し、先発品と同じ成分を用いてジェネリック医薬品が製造されるので、薬価は極めて安くなるのだ。

先発品メーカーは、このジェネリック医薬品の浸透を止めようと必死であるが、時間の問題であろう。

確かに、いくつかの試験結果が先発品と比べて劣っているというデータも存在するが、悪あがきに過ぎない。

私が高血圧や糖尿病などの一般的な慢性疾患になった場合、間違いなくジェネリック医薬品を処方してもらいたい。

ちなみに、現在服用している痛風の薬もジェネリック医薬品だ。

先発品メーカーは、特許切れでもがくより、新薬を開発することで世界の医療に貢献して欲しい。

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © MRなお仕事 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.