元MRがMR及び製薬会社の仕事の実態を経験に基づいて紹介しています。

スパイ看護婦

医者から直接情報を仕入れるより、コ・ワーカーである看護婦から情報を入手する方が簡単である。

そのため、各病院の看護婦や薬剤師など、ターゲットとなる医者に近い存在のコ・ワーカーに会社の粗品や備品などを提供し情報をもらうのだ。

仲良くなると必要以上の情報を提供してくれることもあるので、非常に重要な存在だ。

まさにスパイだ。

しかし、必要以上に近づくと大変なことになってしまうので注意が必要だ。

私の担当していた病院のスパイ看護婦は、ターゲットとなる医者のお気に入りだったのだ。

医者が異変を感じてジェラシーをもたれたら元も子もなくなってしまう。

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © MRなお仕事 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.