元MRがMR及び製薬会社の仕事の実態を経験に基づいて紹介しています。

接待

今でもすごい接待はある!

昔ほどでもないが、今でも一夜にして数10万から100万円を超えるような接待も現実にはあるのだ!

もちろん、一部のメーカーの話である。

そんな高額接待の例をあげると、病院まるごと接待するのだ。

忘年会や新年会、納涼会などと称して、医者のみならず事務員から看護婦、薬剤師などすべての関係者をまるごと接待するのだ。

はっきり言って異常だが、そうしないと使ってもらえないような薬しか扱っていないからだ。

しかしそういったメーカーのMRはノルマも厳しく必死だ。

なぜなら、そういうメーカーの特徴としては、効果があるんだかないんだかよくわからない薬、つまり、あってもなくても良い薬を扱っているケースが多い。
しかもそういう薬に限って薬価が高いのだ。

当然、相当の義理でもないと医者も使う気にはなれないので、メーカーは必死になって人間関係?を構築したがるのだ。

接待を受けたら最後、そのメーカーの薬を使うのは暗黙の了解となる。

はっきり言って薬の効能なんてどうでもいいのだ。そもそもあってもなくても良い薬なのだから、無理やりその薬が持つ効能効果を診断書に記載するだけだ。

病院をまるごと接待をすると、医者だけ接待した場合と違って、看護士や薬剤師などにも人間関係?が波及して誰も指摘をしなくなるのだ。

むしろ、『あの患者さんにも使えるんじゃない?』なんて積極的に適応外処方を促してくれる場合だってある。

最近は患者も勉強しているとはいえ、医者には到底かなわない。

挙句の果てには、MRが患者からクレームがあった場合のトークまで医者に伝授しているのだ。

ちなみに、そういう接待を受ける方も受ける方だが、どちらかというと外科系の医者が多いのが事実だ。

自分たちのことを大工さん(手術)と同じだと称する医者さえいるほどだ。

いずれにせよ、その薬を使われている患者がかわいそうだ。

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © MRなお仕事 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.