元MRがMR及び製薬会社の仕事の実態を経験に基づいて紹介しています。

他社とのバトル

製薬業界というのは、病院へ行けばお客さんである医者がいるので、非常に楽ではある一方、ライバルメーカーが皆同じところへ行くので、仕事はしにくい。

今の薬の効果なんて、そう変わるものではない。

皆、重箱の隅をつつきながら自社の薬をアピールするのだ。

使ってもらいたい医者が同じ場合、ライバルメーカーはお宅の薬のこと、○○って言っていたよなんて中傷誹謗されることなんて当たり前だ。

まじめな医者の場合、MRの話を中立的に聞き、自身で判断して使うが、接待好きな医者も非常に多い。

その場合、どちらの接待が良いかで判断されるので、交際費の多い大手の方が勝率は高い。

それでも決着がつかないと、毎日ライバルメーカーが帰るまで病院の廊下で監視をするのだ。

根性の勝負だ。

夜中0時を過ぎた経験もある。

今なら当然やらない。

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © MRなお仕事 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.