元MRがMR及び製薬会社の仕事の実態を経験に基づいて紹介しています。

はじめに

『MRなお仕事』では、製薬会社でMR及び本社業務をこなしていた管理人がその経験に基づいた実態を紹介しています。

MRとは、Medical Representativeの略で、日本語では医薬情報担当者といいます。

その仕事内容は、医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、そして使用された医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して企業に報告すること、そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務としています。

大学時代、就職活動をしていた私は、MRという仕事は、上記の仕事内容を鵜呑みにしてしまい、とてもスマートでかっこいい仕事だと思っていました。

しかし、実際のMR活動はスマートどころか、昔ながらの泥臭い営業活動が多いのが現実です。

接待なんて当たり前。ノルマだって厳しく、中にはうつ病になるMRもいます。

うつ病どころか、自殺するMRだって実際にはいるのです。

『MRなお仕事』では、MRあるいは製薬業界に就職や転職を考えている方に、実際のMR活動や製薬業界とはどういうものなのかを理解してもらい、少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © MRなお仕事 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.